田舎のネット事情

今のネット環境について、足跡を残しておきます。

概況

私の住んでいるところ(九州西部)で使用可能な回線は、おおよそ以下のような感じです。

・光ファイバー 基本未開通、一部開通(但し集合住宅でも戸建て扱い)

・WiMAX2+ 状況によっては入る、大体入らない

・WiMAX 状況によっては入る

・ADSL NTT西フレッツ限定、更にプランは1種類のみ

・LTE 山間部以外はおおよそOK

ちょうど住居を引っ越すところだったので、自宅回線を選定してみました。(2ヶ月前の事です)

Try WiMAX!

高速回線の夢を捨てきれず、何度目かのTryWiMAXを申し込みました。

20150702_02_try_wimax_01

かろうじてアンテナ1本、下り0.23Mbps。やはり田舎では厳しいか。
あきらめたくないので、お約束の簡易パラボラアンテナ設置。

20150702_02_try_wimax_02

ほぼ変わらず!あ、でも窓際だと、安定して1本アンテナ立ってました。
なお、プラスエリアモード(au4G LTE、追加料金発生)は、ガンガン入りました。

という訳で

残るはADSLかLTE。

私は固定電話持ってないので、ADSLは高く付くと判断。
消去法により、LTEでまかなう事に。

当時、auの端末でmineo(先日解約済み)を刺して快適に使っていたのですが、数日で容量2GBを消費してしまい、常時低速モード200Kbpsに。さすがに無茶か。



そこで、同じau系のUQ-Mobile データ無制限プラン(500Kbps)を試してみることに。

20150702_02_uqmobile

常時400K~700Kbpsで安定していたので、当面の固定回線代わりとなりました。
数百MB以上の大きめファイルだと、時々ダウンロード失敗したりしますが、コストパフォーマンスとしては非常に優れていると思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)