ビーノ、ドライブベルト交換

だいぶ寒くなってきた今日この頃。まだ生きてます。

相棒の4ストビーノ(SA37J)、なんだか後ろから異音がします。
低速時はペタン、ペタン。ある程度速度が出ると、ヴーンヴィヴィヴィ。
なんとなく振動も大きい。空ぶかしすると、後輪ロックする始末。
さすがにそのまま乗る訳にはいかないので、原因を調べてみました。

 

といっても、自分で見れる範囲はそれほどありません。
まずはリアタイヤ周りとブレーキシューを確認→OK
ギアに破損が無いか、ギアオイルを抜いてみる→OK、ついでにエンジンオイルも交換。
次にクランクケースを開けてみます。

 

準備するもの

・8mm ソケットレンチ(クランクケース6箇所)
・17mm メガネレンチ(プーリーのセンターナット)
→自分はインパクトレンチにて対応。
・(必要に応じて)ローターホールディングツール
・(必要に応じて)交換用Vベルト
・(必要に応じて)交換用クランクケースガスケット(ゴム製のパッキンみたいなやつ)

 

クランクケース開けてみた

20171110_01

凄いゴム臭い!更に、なんかペレット燃料みたいな異物が・・・。

20171110_02

ベルトの山が、

20171110_03

ズルっと消えてます!!
やはりドライブベルトも消耗品ですよね。。チェック・交換怠ってました。
いつも怠ってます。

ドライブベルト交換

とりあえず原因分かったので交換。
もちろん近くに売ってないので、Amazon様よりお取り寄せ。
安くてぼちぼち評判が良さそうな「NTB(エヌティービー) VベルトA6-16.5-655Y」を選択。

センターナットを外す際、プーリーは回ってしまうので、固定するためのローターホールディングツールとやらがあると良いみたいです。一般のご家庭にそのようなものは無いので、インパクトにて外しました。

ドリブン側(後方)だけ外せば良いらしいですが、自分には難しかったので、ドライブプーリー側(前方)も外して、ベルト交換。一応ベルトの向きがあるらしく、矢印に沿って設置。

 

交換後、恐る恐る走ってみましたが、嘘のようにスムーズで静かになりました。良かった。

今回は以上です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)